任天堂ファミコン

奥山に猫またといふものありて

(原文)
 「奥山に猫またといふものありて、人を食らふなる。」と、人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経上がりて、猫またになりて、人とることはあなるものを。」と言ふ者ありけるを、何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺のほとりにありけるが聞きて、ひとりありかむ身は心すべきことにこそと思ひけるころしも、ある所にて夜更くるまで連歌して、ただひとり帰りけるに、小川の端にて、音に聞きし猫また、過たず足もとへふと寄り来て、やがてかきつくままに、首のほどを食はむとす。肝心もうせて、防がむとするに、力もなく、足も立たず、小川へ転び入りて、「助けよや。猫また、よやよや。」と叫べば、家々より、松どもともして走り寄りて見れば、このわたりに見知れる僧なり。「こはいかに。」とて、川の中より抱き起こしたれば、連歌の賭物取りて、扇・小箱など、懐に持ちたりけるも、水に入りぬ。希有にして助かりたるさまにて、はふはふ家に入りにけり。
 飼ひける犬の、暗けれど主を知りて、飛びつきたりけるとぞ。
(第八十九段)
(現代語訳)
「奥山に猫またというものがいて、人を食うそうだ。」と、(ある)人が言ったところ、「山ではないけれども、この辺りにも、猫が年を経て変化して、猫またになって、人の命を奪うことがあるそうなのに。」と言う者があったのを、何とか阿弥陀仏とかいう、連歌を(内職に)していた法師で、行願寺の近所に住んでいた者が聞いて、(自分のように)一人歩きをするような者は気をつけなければいけないことであると思っていたちょうどそのころ、ある所で夜が更けるまで連歌をして、たった一人で帰ってきたときに、小川の縁ふちで、うわさに聞いていた猫またが、ねらったとおり足下へすっと寄ってきて、いきなり飛びつくやいなや、首の辺りを食おうとする。(法師は)正気も失って、防ごうとしても、力も出ず、足も立たないで、小川へ転げ込んで、「助けてくれ。猫まただ、ようよう。」と叫ぶと、(辺りの)家々から、たいまつをいくつもともして(人々が)走り寄って見ると、この辺りで(顔を)見知っている僧である。「これは(いったい)どうしたことだ。」と言って、川の中から抱き起こしたところ、連歌の会の賞品で取った、扇や小箱など、懐に持っていたのも、水につかってしまった。やっとのことで助かったというようすで、はうようにして家の中に入ったのであった。
(実はその法師が)飼っていた犬が、暗いけれども主人だとわかって、飛びついたのであったということだ。

(感想)
猫またというのは、想像上の怪獣で、猫が年をとり、犬の大きさになり、人を食うといわれています。また、連歌というのは、二人以上の人が、和歌の上の句と下の区をたがいに詠み合って続けていくという形式の歌です。その連歌をやる坊さんの話です。

それで、その坊さんが夜中の帰り道に、あやしいものに後ろから取り付かれ、腰がぬけて川にころがりこんだという話です。でも、その正体は、その坊さんが飼っている犬だったという笑い話です。

ここでは、自分の目ではっきり見て、自分の頭で考えることの大切さを述べているのではないでしょうか。世間の噂などに何の疑問も持たず、流されることのないようにしたいものです。