任天堂ファミコン

丹波に、出雲といふ所あり

(原文)
 丹波に、出雲といふ所あり。大社を移して、めでたく造れり。しだの某とかやしる所なれば、秋のころ、聖海上人、そのほかも人あまた誘ひて、「いざ給へ、出雲拝みに。かいもちひ召させむ。」とて具しもて行きたるに、各々拝みて、ゆゆしく信おこしたり。
 御前なる獅子・狛犬、背きて後ろさまに立ちたりければ、上人いみじく感じて、「あなめでたや、この獅子の立ちやう、いと珍し。深きゆゑあらむ。」と涙ぐみて、「いかに殿ばら、殊勝のことは御覧じとがめずや。むげなり。」と言へば、各々怪しみて、「まことに他に異なりけり。都のつとに語らむ。」など言ふに、上人なほゆかしがりて、おとなしく物知りぬべき顔したる神官を呼びて、「この御社の獅子の立てられやう、定めて習ひあることにはべらむ。ちと承らばや。」と言はれければ、「そのことにさうらふ。さがなき童べどものつかまつりける、奇怪にさうらふことなり。」とて、さし寄りて、据ゑ直して往にければ、上人の感涙いたづらになりにけり。
(第二百三十六段)

(語句)
大社(出雲大社)めでたく(りっぱに)めさ(ごちそうする)具し(連れる)ゆゆしく(はなはだしく)御前(神前)いみじく(とても)めでた(すばらしい)殿ばら(みなさん)殊勝(すばらしい)御覧じとがむ(見て不思議に思う)つと(みやげ)なほ(さらに)定めて(きっと)ならひ(いわれ)ちと(ちょっと)ばや(~たい)さがなき(たちの悪い)つかまつり(いたす)奇怪(けしからぬ)さしより(そばに寄る)すゑなおし(正しく置く)いたづらに(むだに)

(現代語訳)
丹波に、出雲という所がある。(そこに)出雲大社の神の分霊を移して、(社殿を)立派に造ってある。しだの某とかいう人が治めている所なので、秋のころ、(しだの某が)聖海上人や、その他にも人を大勢誘って、「さあいっしょにいらっしゃい、出雲神社を拝みに。ぼたもちをごちそうしましょう。」と言っていっしょに連れて行ったところ、めいめいが参拝して、非常に強く信心を起こした。
(社殿の)前にある獅子と狛犬が、背中を向け合って後ろ向きに立っていたので、上人はたいへん感動して、「ああすばらしい、この獅子の立ち方は、たいへん珍しい。何か深いわけがあるのでしょう。」と涙ぐんで、「なんと皆さん、すばらしいことがお目に入らないのですか。(不思議だと気づかないなんて)あんまりです。」と言うので、皆は不思議がって、「本当によそ(の獅子・狛犬)と違っているなあ。都への土産(話)として話しましょう。」などと言うと、上人はさらに(そのいわれを)知りたがって、年配でものを心得ていそうな顔をしている神主を呼んで、「このお社の獅子のお立てになり方は、きっといわれがあることでございましょう。少しばかり(そのいわれを)おうかがいしたいものです。」とおっしゃったところ、「そのことでございます。いたずらな子どもたちのいたしましたことで、けしからぬことでございます。」と言って、近寄って、(もとどおり)据え直して行ってしまったので、上人の感激の涙はむだになってしまった。