任天堂ファミコン

大事を思ひ立たむ人は


(原文)
 大事を思ひ立たむ人は、去り難く、心にかからむことの本意を遂げずして、さながら捨つべきなり。「しばしこのこと果てて。」「同じくはかのこと沙汰しおきて。」「しかしかのこと、人のあざけりやあらむ、行く末難なくしたためまうけて。」「年ごろもあればこそあれ、そのこと待たむ、ほどあらじ。もの騒がしからぬやうに。」など思はむには、え去らぬことのみいとど重なりて、事の尽くる限りもなく、思ひ立つ日もあるべからず。おほやう、人を見るに、少し心ある際は、みなこのあらましにてぞ一期は過ぐめる。  近き火などに逃ぐる人は、「しばし。」とや言ふ。身を助けむとすれば、恥をも顧みず、財をも捨てて逃れ去るぞかし。命は人を待つものかは。無常の来たることは、水火の攻むるよりも速やかに、逃れ難きものを、そのとき、老いたる親、いときなき子、君の恩、人の情け、捨て難しとて捨てざらむや。 (第五十九段)

(現代語訳)
出家修行して悟りを開くことを思い立つような人は、捨てがたく、気がかりなようなことの目的を成し遂げないで、全部捨てるべきである。「もうしばらくこのことが終わってから。」「同じことならば、あのことを始末しておいてから。」「これこれのことは、人の嘲笑を受けることがあるだろうか、将来非難されないように前もって処理しておいて。」「長年こうして過ごしてきたのだから、そのことが済むのを待つのは、時間はかからないだろう。慌てたようでないように。」などと思うような人には、ただもう避けられないことがますます重なって、用事が尽きる際限もなく、(出家を)思い立つ日もあるはずがない。だいたい、人を見てみると、少し物事の道理のわかる程度の人は、みなこの心積もりで一生は過ぎてしまうようだ。  近所の火事などで逃げる人は、「しばらく(待って)。」と言うだろうか、いや、言わない。わが身を助けようとすると、恥をもかえりみないで、財産をも捨てて逃げ去るものであるよ。寿命は人を待つものであろうか、いや、待たない。死が来ることは、洪水や火災が襲ってくるよりも早く、逃れがたいものであるのに、そのときになって、年老いた親、幼い子、君の恩、人の情愛を、捨てがたいといって捨てないであろうか、いや、捨てるだろう。