任天堂ファミコン

亀山殿の御池に

(原文)「 亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて、大井の土民に仰せて、水車を造らせられけり。」
(現代語訳)亀山殿の御池に、大井川の水を引き入れなさろうといって、大井の民に命じて水車をお作らせになった。
(原文)多くの銭を賜ひて、数日に営み出だして、掛けたりけるに、おほかた廻らざりければ、とかく直しけれども、つひに回らで、いたづらに立てりけり。
(現代語訳)たくさん銭をお与えになって、数日かけて、造営して、しかけたところ、全く回らなかったので、いろいろ直したけれども、結局回らなかったので、むだに立っていた。
(原文)「さて、宇治の里人を召して、こしらへさせられければ、やすらかに結ひて参らせたりけるが、思ふやうに廻りて、水をくみ入るること、めでたかりけり。」
(現代語訳)そこで、宇治の民間人をお呼びになって、お作らせになったところ、簡単に組み立てて献上したところ、思うように回って、水をくみ入れることが、みごとであった。
(原文)「よろづにその道を知れる者は、やむごとなきものなり。」 万→万事
(現代語訳)万事に、専門の道をわきまえている者は、すばらしいものである。
(別バージョン現代語訳) (後嵯峨院が)亀山離宮の御池に、大井川の水をお引きになろうとして、大井川の土地の住民にお命じになって、水車を造らせなさった。多くの金銭をお与えになって、(住民たちが)数日かかって造り上げて、(大井川に)取り付けたが、いっこうに回らなかったので、あれこれ直したけれども、結局回らないで、(水車は)むなしく立っていた。そこで、宇治川のそばの住民をお呼びになって、造らせなさったところ、やすやすと組み立てて献上した水車が、思うように回って、水をくみ入れることは、すばらしかった。  万事につけてその(専門の)道を知っている者は、尊いものである。