任天堂ファミコン

ある人、弓射ることを習ふに


(原文)  ある人、弓射ることを習ふに、諸矢をたばさみて的に向かふ。師のいはく、「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思へ。」と言ふ。わづかに二つの矢、師の前にて一つをおろかにせむと思はむや。懈怠の心、自ら知らずといへども、師これを知る。この戒め、万事にわたるべし。  道を学する人、夕には朝あらむことを思ひ、朝には夕あらむことを思ひて、重ねてねんごろに修せむことを期す。いはむや、一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らむや。なんぞ、ただ今の一念において、ただちにすることのはなはだ難き。(第九十二段)

(現代語訳)  ある人が、弓を射ることを習うときに、二本の矢を手に挟んで持って的に向かった。師匠が言うには、「習い始めの人は、二本の矢を持ってはいけない。後の矢を当てにして、初めの矢にいい加減な気持ちが生まれる(からである。)。毎回射るごとに当たり外れを考えず、この一本の矢で決着をつけようと思え」と言った。たった二本しかない矢を、師匠の前で一本をおろそかにしようと思うだろうか(いや、思わないだろう)。なまけ怠る心は、 自分では気づかないといっても、師匠はそれを知っている。この教訓は、あらゆることに通じるであろう。  仏の道を修行する人は、夕方には翌朝があることを思い、朝には夕方があることを思って、またの機会にていねいに修行するようなことを当てにしている。まして、一瞬のうちにおいて、なまけ怠る心のあることに気づくだろうか(いや、気づきはしない)。どうして、現在のこの一瞬において、すぐさま実行することがたいそう難しいのか。

(感想) 弓を射ることを習った人がいて、その弓の先生が言うには、日本の矢を持ってはいけない。なぜなら、後の矢を当てにして、初めの矢にいい加減な気持ちが生まれるからだということであった。

まだ、次があるからいいやという気持ちになるから、真剣さに欠けてしますということだと思うが、最近は緊張しすぎて普段の力を発揮することができないので、いかにリラックスするかというメンタルトレーニングがはやっている。

後半は。「懈怠の心」を話題にしている。朝は夕方にやろうと考え、夕方には朝やろうと考える。それが、「懈怠の心」だと言っている。つまり、なまけの心とは、すぐに生じる。だから、現在すぐ行うことは難しいのである。

ちょっとわかりにくくなってしまったので、まとめると、人間は一瞬間のような短い時間に怠りの心があるから、事は思い立った瞬間にやるようにすべきだということである。最近、メタボになってきたのでジョギングでもやろうかと思ったら、すぐに外に出て行けということである、そうでないと明日からやろうということになって、結局やらないのである。勉強もそうですね。とにかくすぐやること。昔も今も人間って変わりませんね。