任天堂ファミコン

高名の木登り


(原文)
 高名の木登りといひし男、人をおきてて、高き木に登せて梢を切らせしに、いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、下るるときに軒長ばかりになりて、 「過ちすな。心して下りよ。」 とことばをかけ侍りしを、 「かばかりになりては、飛び下るるとも下りなん。いかにかく言ふぞ。」 と申し侍りしかば、 「そのことに候ふ。目くるめき、枝危ふきほどは、己が恐れ侍れば申さず。過ちは、やすきところになりて、必ずつかまつることに候ふ。」 と言ふ。  あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。鞠も、難きところを蹴出だしてのち、やすく思へば、必ず落つと侍るやらん。                                       (第一〇九段)

(現代語訳)
木登りの名人と(世間の人々が)呼んだ男が、人に指図をして、高い木に登らせて梢を切らせたところ、たいそう危なく見えたうちは言うこともなくて、 下りるときに軒の高さくらいになって、 「失敗をするな。用心して下りよ。」 とことばをかけましたので、 「このくらいになったら、たとえ飛び下りるとしても下りられるだろう。どうしてそのように言うのか。」 と申しましたところ、 「そのことでございます。目が回り、枝が危ないうちは、自分(本人)が危険を感じていますので(注意は)申しません。失敗は、易しいところになって、必ずいたしますものでございます。」 と言う。  身分の低い者であるが、(そのことばは)徳の高い人の教えに合っている。蹴鞠も、難しいところを蹴り出した後、易しいと思うと、必ず落とすとかいうようでございます。

(感想)
徒然草の中で兼好は再三再四、専門家、いわゆるプロフェッショナルと素人いわゆるアマチュアについて述べているわけだが、木登り名人もそのプロである、プロになるとやはり哲学する心というものが出てくるのでしょう。鎌倉時代というのは身分社会であったにも、かかわらず、兼好は尊敬すべき人は尊敬するという態度をとっている。そして物事を自分の目でしっかりと見つめて判断している。