任天堂ファミコン

相模守時頼の母は


(原文)
 相模守時頼の母は、松下禅尼とぞ申しける。守を入れ申さるることありけるに、すすけたる明かり障子の破ればかりを、禅尼手づから、小刀して切り回しつつ、張られければ、せうとの城介義景、その日の経営して候ひけるが、「給はりて、なにがし男に張らせ候はん。さやうのことに心得たる者に候ふ。」と申されければ、「その男、尼が細工によもまさり侍らじ。」とて、なほ一間づつ張られけるを、義景、「みなを張り替へ候はんは、はるかにたやすく候ふべし。まだらに候ふも見苦しくや。」と重ねて申されければ、「尼も、のちは、さはさはと張り替へんと思へども、今日ばかりは、わざとかくてあるべきなり。物は破れたるところばかりを修理して用ゐることぞと、若き人に見ならはせて心つけんためなり。」と申されける、いとありがたかりけり。  世を治むる道、倹約を本とす。女性なれども聖人の心に通へり。天下を保つほどの人を、子にて持たれける、まことに、ただ人にはあらざりけるとぞ。

(現代語訳)
(鎌倉幕府の執権である)相模守〔北条〕時頼の母は、松下禅尼と申した。相模守を招待なさることがあったときに、すすけている紙障子の破れたところだけを、禅尼が自分の手で、小刀を使ってあちこち切っては、張り繕っていらっしゃったので、禅尼の兄の秋田城介義景は、その日の(時頼を迎える)準備に忙しく奔走して尼のおそばに控えておりましたが、「(その障子の繕いの仕事は、)こちらへいただいて、だれそれという男に張らせましょう。そのような仕事に熟練している者でございます。」と申されたところ、(禅尼は)「その男は、私の手仕事よりよもやすぐれてはおりますまい。」と答えて、やはり障子のひとこまひとこまを張り繕う仕事をお続けになったのを、義景が、「全部を張り替えますほうが、ずっと容易でございましょう。(切り張りで、新旧の紙が)まだらでありますのも見苦しくはございませんか。」と重ねて申されると、「私も、のちには、きれいさっぱりと張り替えようと思いますが、今日だけは、わざとこうしおくのがよいのです。ものは破損しているところだけを繕って使うものだと、若い人〔時頼〕に見習わせて気づかせるというためです。」と申されたのは、まことに感心なことであったよ。  世を治める(政治の)道は、倹約を基本とする。女性ではあるが(この松下禅尼の考えは)聖人の見識に通じている。天下を治めるほどの人物を、子としてお持ちになっていた禅尼は、まことに、並々の人ではなかったのだよと(世間の人は禅尼の人柄をほめている)。