任天堂ファミコン

よろづのことは頼むべからず


(原文)
 よろづのことは頼むべからず。おろかなる人は、深くものを頼むゆゑに、恨み、怒ることあり。  いきほひありとて頼むべからず。こはき者まづ滅ぶ。財多しとて頼むべからず。時の間に失ひやすし。才ありとて頼むべからず。孔子も時に合はず。徳ありとて頼むべからず。顔回も不幸なりき。君の寵をも頼むべからず。誅を受くること速やかなり。奴従へりとて頼むべからず。背き、走ることあり。人の志をも頼むべからず。必ず変ず。約をも頼むべからず。信あること少なし。  身をも人をも頼まざれば、是なるときは喜び、非なるときは恨みず。左右広ければさはらず。前後遠ければ塞がらず。せばきときはひしげ砕く。心を用ゐること少しきにしてきびしきときは、ものに逆ひ、争ひて破る。ゆるくしてやはらかなるときは、一毛も損ぜず。  人は天地の霊なり。天地は限るところなし。人の性なんぞことならん。寛大にしてきはまらざるときは、喜怒これにさはらずして、もののためにわづらはず。

(現代語訳)
すべてのことは頼みにできない。おろかな人は、深くものを頼みにするために、(期待を裏切られて)恨んだり、怒ったりすることがある。  権勢があるからといって頼みにできない。強い者はまっ先に滅ぶ。財産が多いからといって頼みにできない。ほんのわずかの間になくしやすい。学才があるからといって頼みにできない。(あの著名な)孔子も時勢に合わ(ず世に用いられ)なかった。徳があるからといって頼みにできない。顔回も不幸であった。主君の寵愛をも頼みにできない。(主君の怒りに触れると)たちまちに罪を着せられて殺されることになる。召し使いが言うことをよく聞くからといって頼みにはできない。(召し使いは主人に)背いて、逃げ去ることがある。人の厚意をも頼みにできない。(人の気持ちは)必ず変わる。人との約束をも頼みにできない。約束を守る信があることはまれだ(からである)。  自分をも他人をも頼みにしなければ、うまくことが運んだときは喜び、うまくことが運ばなかったときは(期待していたわけではないから)恨まない(ですむ)。左右に広く余裕を取っておけば障害物に妨げられることがない。前後に距離を保っておけば動きがとれなくなったりすることがない。(反対に、左右・前後に)余裕や距離を保っておかなかったときは(まわりから)押しつぶされ砕けてしまう。心を配ることが(こせこせして)少なくて厳格すぎるときは、物事と衝突を起こし、争って(自分が)傷つく(ことになる)。(反対に、心を配ることが)ゆったりとして柔軟なときは、毛筋一本も損なうことがない。 人は天地の間に存在する最も霊妙なものである。天地は無限の広さを持っている。人間の本性も(この天地の広さと)どうして異なるところがあろうか。(人の心が)寛容かつ広大で際限もないときは、喜びも怒りも心の障害とならないで、まわりのもののために煩わされることがない。